コンプライアンス

トップコンプライアンス

総論

JCRファーマ株式会社は企業倫理綱領の精神に則り、JCRコンプライアンス行動基準を制定します。
この基準は当社の価値観を全社員が共有した上で、常に自分の行動が社会常識から逸脱したものではないかを確認する為の行動指針です。
私たちは業務を遂行するにあたり、この行動基準を十分理解した上で遵守しなくてはならず、また具体的実践を心がけます。

コンプライアンス行動基準

1.人権と職場環境

1人権の尊重

事業活動に関わる全ての人の人権を擁護し、一人ひとりの尊厳と価値を尊重します。

2ハラスメントの禁止

いかなるハラスメント行為(セクシャルハラスメント、育児・介護等ハラスメント、パワーハラスメント等)も容認しません。

3職場の安全衛生

労働安全衛生関連法令を遵守し、安全でより快適な働きやすい職場環境の維持向上に努めます。

4安全・防災

火災等の事故発生を防止するための諸施策を実施し、万一災害が発生した場合には各事業所で定めている作業手順書及び災害対策マニュアルに従って拡大防止に努め、迅速かつ正確に行動します。
2.社会及びステークホルダーへの責任

5会社情報の開示

経営方針、事業活動状況等の会社情報の開示は、関係法令に従い、適時かつ正確に行います。また、社会からの要望・意見を受け止め、それらを事業活動に反映していきます。

6反社会的勢力への対応

反社会的勢力及び団体に対しては、毅然とした態度で臨み、一切の関係を持ちません。

7利益相反行為の禁止

職務上の地位や職務上知り得た情報に基づいて、個人の利益を図り、または会社の利益と相反する行為は行いません。

8社会貢献

持続可能な社会の実現に向けて、企業市民としての役割を自覚し、社会との積極的な交流や貢献活動を行います。

9環境保全

地球環境や地域社会への影響を常に意識した事業活動を心がけ、社会の持続的な発展に貢献し、次世代への責任を果たしていきます。
3.公正な取引・競争

10独占禁止法の遵守

独占禁止法/下請法等、市場における競争及び公正な取引を維持するための法令を遵守し、公正かつ合法的な企業活動を行います。

11不正競争の禁止

他社の営業秘密の不正取得・使用や、他社の営業上の信用を損なうような行為は行いません。

12接待・贈答

取引先等との関係において、関係法令の遵守はもとより社会通念を逸脱した接待や贈答を行ったり、受けたりせず、健全かつ公正な関係を維持します。
4.事業活動

13創薬研究

研究活動にあたっては、関係法令及び社内規則に従い、疾病の克服、人々の健康と生活の質の向上、そして医療の未来への貢献を目指した研究活動に積極的に取り組みます。

14輸出入

輸出入に関する法令や国際条約等を遵守し、適切な輸出入手続きを行います。

15臨床開発

臨床試験を行うにあたっては、関係法令及び社内規則に従い、被験者の人権を尊重し、安全性の確保を推進するとともに、データの品質、信頼性を確保します。

16製品の品質

世界中の患者さんに有効性・安全性に配慮した高品質の製品を安定的に供給することは私たちの最優先事項です。関係法令及び社内規則に従い、適時・適切な製品供給を行います。

17製品の有効性、安全性、品質等の情報管理

当社の製造・販売する製品の適正な使用を目指し、関係法令及び社内規則に従って、有効性・安全性・品質等の情報を迅速かつ的確に提供します。

18プロモーション活動

医療関係者への医薬情報の提供にあたっては、関係法令、業界自主基準及び社内規則に従って、医学・薬学的根拠に基づく正確な情報の提供、収集、伝達を行います。
5.情報の管理

19知的財産の尊重

知的財産は、会社の重要な資産であることを認識し、適切に保護します。また、他者の知的財産権を尊重し、侵害や不正使用を行いません。

20秘密情報の取扱い

未公表情報、ノウハウ、顧客情報等の秘密情報は、会社の重要な資産であることを認識し、関係法令及び社内規則に従って適切に使用・管理します。

21インサイダー取引の禁止

インサイダー取引規制に違反する行為やその疑いを招くような行為は行いません。

22個人情報の取扱い

顧客、患者、被験者、ヒト細胞・組織等の提供者、株主及び従業員等の個人情報については、個人の権利利益を保護するために、関係法令及び社内規則に従って適切に取り扱います。

コンプライアンスハンドブック

コンプライアンスハンドブックは、JCRの全ての役員、従業員に日々の事業活動における行動の指針を示したものです。

透明性に関する指針

JCRファーマ「企業活動と医療機関等との関係の透明性に関する指針」

JCRファーマ株式会社(以下「当社」)は、「医薬品を通して人々の健康に貢献する」ことを企業理念としています。当社は、企業理念に加えて高い倫理性が求められる生命関連産業の一員として、医学・薬学の研究、実用化、および医薬品の適正使用の普及に不可欠な医療機関等との関係の透明性を高め、社会からさらに高い信頼を得られることを目指します。
当社は、日本製薬工業協会の「企業活動と医療機関等の関係の透明性に関するガイドライン」の趣旨に賛同し、「企業活動と医療機関等との関係の透明性に関する指針」を策定し、医療関係者等への資金提供に関する情報を当社のホームページにて公開します。

医療機関等への資金提供に関する情報

(1)公開方法
前年度分の資金提供について、当社ウエブサイト等を通じ決算終了後公開します。
(2)公開時期
2015年度より前年度分を公開します。
(3)公開対象と内容
A 研究費開発費等
研究開発を目的とする経費、および省令に基づく試験や調査の費用を以下の項目別にその年間総額を公開します。
尚、2018年度以降新規契約による支払分より下記の通り、「共同研究費」、「委託研究費」のうち、臨床に関わる資金等の提供に関しては提供先施設等の名称、当該年度に支払いのある契約件数、金額を、臨床以外に関わる資金等の提供に関しては、年間総契約件数と総額、提供先施設等の名称一覧を、「臨床試験費」、「製造販売後臨床試験費」、「副作用・感染症症例報告費」、「製造販売後調査費」に関しては、提供先施設等の名称、当該年度に支払いのある契約件数、金額を公開いたします。
(1) 共同研究費(臨床) 提供先施設等の名称、当該年度に支払いのある契約件数、金額
          (臨床以外) 年間総契約件数と総額、提供先施設等の名称一覧
(2) 委託研究費(臨床) 提供先施設等の名称、当該年度に支払いのある契約件数、金額
          (臨床以外) 年間総契約件数と総額、提供先施設等の名称一覧
(3) 臨床試験費 提供先施設等の名称、当該年度に支払いのある契約件数、金額
(4) 製造販売後臨床試験費 提供先施設等の名称、当該年度に支払いのある契約件数、金額
(5) 副作用・感染症症例報告費 提供先施設等の名称、当該年度に支払いのある契約件数、金額
(6) 製造販売後調査費 提供先施設等の名称、当該年度に支払いのある契約件数、金額
B 学術研究助成費
学術研究の振興と助成のための寄付金、共催費等を、以下の項目別に拠出先、年間拠出回数、金額を公開します。
(1) 奨学寄付金 提供先ごとの年間の件数と総額
(2)一般寄付金 提供先ごとの年間の件数と総額
(3) 学会寄付金 提供する会合ごとの金額
(4) 学会共催費 支出する会合ごとの金額
C 原稿執筆料等
疾患や医学・薬学領域に関する科学的な情報等を提供するための講演、原稿執筆に対する費用を、以下の項目別に所属、個人名、年間回数および総額を公開します。
(1) 講師謝金 提供先ごとの年間の件数と総額
(2) 原稿執筆料・監修料 提供先ごとの年間の件数と総額
(3) コンサルティング等業務委託費 提供先ごとの年間の件数と総額
D 情報提供関連費
医療関係者に対する医学・薬学に関する情報等の提供、および資材等の費用として、講演会・説明会費は年間の件数と総額、医学・薬学関連文献等提供費は年間総額を公開します。(研究開発目的の会合は含まない)
(1) 講演会費 年間の件数と総額
(2) 説明会費 年間の件数と総額
(3) 医学・薬学関連文献等提供費 年間の総額
E その他の費用
医療関係者に対する社会的儀礼としての接待等の費用を年間総額で公開します。
接遇等費用 年間の総額
(4)医療機関等への資金提供情報

JCRファーマ「企業活動と患者団体との関係の透明性に関する指針」

JCRファーマ株式会社(以下「当社」)は、「医薬品を通して人々の健康に貢献する」ことを企業理念としています。当社は、人々の健康に貢献するために、患者さんやそのご家族の声を代表する患者団体との協働・連携をしています。高い倫理性が求められる生命関連産業の一員として、また、患者団体の活動に寄与していることに理解を得ることを目的として、患者団体との関係の透明性を高め、社会からさらに高い信頼を得られることを目指します。当社は、日本製薬工業協会の「企業活動と患者団体の関係の透明性ガイドライン」の趣旨に賛同し、「企業活動と患者団体との関係の透明性に関する指針」を策定し、患者団体への金銭的支援等に関する情報を当社のホームページにて公開します。

患者団体への資金提供に関する情報

(1)患者団体の定義
本指針において、患者団体とは、患者さん及びそのご家族ならびにその支援者が主体となって構成され、患者さんの声を代表し、患者さん及びそのご家族を支えるとともに、療養環境の改善を目指している、原則的に定款・会則により定義された役割や目的を持つ団体(患者会、患者支援団体等)をいいます。
(2)公開方法
前年度分の資金提供について、当社ウエブサイト等を通じ決算終了後公開します。
(3)公開時期
2015年度より前年度分を公開します。
(4)公開対象と内容
A 直接的資金提供
患者団体の活動支援を目的として、直接、患者団体に支払った費用について公開します。
(1) 寄付金・協賛費 提供先ごとの年間の総額
(2) 会員・賛助会員費 提供先ごとの年間の総額
(3) 広告費 提供先ごとの年間の総額
B 間接的資金提供
患者団体に支援等を間接的に提供するため、当社が業者等に支払った費用について公開します。
(1) 企業主催・共催の講演会、説明会、研修会等に伴う費用
  年間の総額と間接提供先となる患者団体の名称
(2) 外部業者に委託した費用 年間の総額と間接提供先となる患者団体の名称
C 依頼事項への謝礼等
患者団体に対して依頼した原稿執筆・監修、調査、助言の対価として支払った費用について公開します。
(1) 講演料 提供先の名称と総額
(2) 原稿執筆料・監修料 提供先の名称と総額
(3) 調査費 提供先の名称と総額
(4) アドバイザー等業務委託費 提供先の名称と総額
D 労務提供
患者団体が主催する講演会等の手伝い、患者団体の運営に関する業務の受託および患者団体への当社人員の出向又は派遣について公開します。
(1) 労務提供 有・無と提供先の名称
(5)患者団体への資金提供情報